プロにお任せ

社団法人の設立は実績と経験を積んだプロにお任せ

社団法人を設立すると言えば、一般社団法人を設立することを意味する場合が多いです。まずは一般社団法人設立を支援している事務所を探してください。多くは行政書士が請け負っています。安心してお任せするには、この事務所選びがポイントです。その事務所が社団法人設立を専門に行っているところで、長年の実績があるならばまず問題ありません。一度足を運んで相談してみてください。

そのさい費用を濁されたりしたら問題ですが、たいていどのくらいかかるか明示してくれます。あまり高いのも考えものですが、安すぎるのも問題です。定款などを作成するさい、通り一遍のテンプレートのようなものを作ってくる場合があります。作成費用が10万円未満など、安すぎる場合はあまり期待してはいけません。また、単なる手続き処理だけではなく、起業アドバイスをしてくれるようなコンサルティング業務をしているところだとより情報が得られやすいです。

そういうところは手続き完了後もサポートしてくれるところが多いですので、まずアドバイスをしてくれるかどうか見てください。そのうえで、専門知識があり手続きがスムーズだと完璧です。説明が分かりやすい、ポイントを抑えている、アドバイスをくれる、費用を明示してくれるところを探してください。

お任せする事務所が決定したら、早めに設立の準備に取り掛かってください。任せっぱなしはいけません。設立年月日を気にするならば早めに取り掛かるようにすることで、間に合わないという事態を防ぐことができます。相談しているうちに問題点を発見したり、手続きに必要な書類がなかなかそろわなかったりすると、希望の設立日に間に合いません。

また、場合によっては業務開始に支障が出ることもあります。もたもたしているうちに法改正があり、設立しにくくなる条件が追加されるということもあり得ます。社団法人を設立すると決めたら、すぐに動くようにしてください。

依頼先の手続き事務所がすべてを決定するわけではありません。団体名や事務所の所在地、設立年月日や役員選定などは自分たちで決める必要があります。それに関してアドバイスをもらうのは大いに結構ですが、いつまでも決まらないのでは手続きも進みません。きちんと決定して伝えるようにします。そのためにもアドバイスを貰えるところを選ぶことは非常に重要ということです。

そして、印鑑などは作らなければならないので用意しておくと手続きがスムーズです。後々のトラブルを防ぐためにも、どういったトラブルが起こりやすいのか聞いておくことも重要です。そうしたトラブルで多大な損害を被ることがないよう、定款に盛り込んでおく必要があるからです。経験や実績のある事務所に頼むと、こうしたトラブルの例まで教えてくれます。